西東京シネマ倶楽部

西東京京シネマ倶楽部は
西東京市民映画祭やこもれびホール市民名画座の
企画運営をしながら市民交流を深める事を
活動の目的にしています。

西東京シネマ倶楽部の次回上映作品をメールにてお知らせしています(無料)
申し込みはこちらから(お名前 連絡先明記の上申込下さい)
http://data.shop-info.com/i/units/index.cgi?siteid=nishitokyo&areaid=36244&unitid=1950811 042-452-6323  center@nishitokyo-cinema.com

【 熱烈募集中 】正会員・鑑賞会員・スポンサー協賛会員


1)正会員とは
西東京市民映画祭やこもれびホール市民名画座の
企画運営をしながら市民交流と懇親を深める事を目的に活動する会員です。


2)鑑賞会員とは
年間会費3000円でシネマ倶楽部の上映作品(※)を
すべて無料で鑑賞できる会員。
家族会員は2人以上でおひとり2500円。
※西東京市内での主催上映の場合です。それ以外での上映は優待料金等のご案内をいたします。


3)スポンサー協賛会員
活動の趣旨に賛同して頂きフイルム代金の1部補助を
して頂ける企業・商店。1回の上映会に10000円。
チケットを20枚お渡しいたします。


・・・・・・・・・・・スポンサー募集しています。・・・・・・・・・・・



現在こもれびホール市民名画座の本編上映前に西東京
シネマ倶楽部で自主製作したコマーシャル映画を上映して
います。市民名画座を支援していただいているスポンサー
のコマーシャルです。このたび新しいスポンサーも加えて
第3弾を製作しました。少しでも興味を持たれた方は事務局
042-452-6323まで連絡ください。現在上映中のビデオ等を
持ってご説明に伺います。現在上映中のコマーシャル映画
は市民名画座スポンサー様の協賛により製作されました。
見慣れたお店が大画面に映し出され好評を得ています。
この機会にシネマ倶楽部のご支援をして頂きながら・お店の
広告も如何でしょうか。

 
 

保谷シネマクラブから西東京シネマ倶楽部へ




【西東京シネマ倶楽部の主な歴史】

1998年11月 こもれびホールで映画「若者たち」の試写
            11月 保谷シネマクラブ設立
1999年  5月 第1回こもれびホール市民名画座
                      「セブン・イヤーズ・イン・チベット」 
              7月 若者たち3部作の上映
2001年           西東京シネマクラブに名称変更  
2001年  7月 第1回西東京市民映画祭
2002年  9月 第1回自主製作映画コンペティション
2007年  5月 上映作品100本記念上映会「フラガール」
2008年           谷戸シネマ倶楽部と合併 西東京シネマ倶楽部の名称変更
2009年  2月 映画新聞「シネマホットライン」を月刊紙として発行開始 
              4月 第1回こだいら市民名画座
2010年  2月 日本映画ペンクラブ奨励賞 受賞
2010年10月 西東京市民映画祭に山田洋次監督来訪



【西東京シネマ倶楽部の概略】

【会員組織】
運営正会員 観賞会員 上映ボランティア会員 
スポンサー会員32社 その他

【事業内容】
・こもれびホール市民名画座の企画運営
・西東京市民映画祭の企画運営
・自主制作映画コンペティションの企画運営
・こだいら市民名画座の企画運営
・映画上映の企画・運営支援
・CM制作 映画新聞「シネマホットライン」の編集・発行



【西東京シネマ倶楽部上映作品リスト】(映画祭上映作品も含む)

1998 若者たち
1999 セブンイヤーズインチベット
     魔女の宅急便
     若者たち
     若者が行く
     若者の旗
     イングリッシュペイシェント
     ショーシャンクの空に
2000 ライフイズビューティフル
     セントラルステーション
     ニューシネマパラダイス
     新幹線大爆破
     敦煌
     エリザベス
     シャルウィダンス
     始皇帝暗殺
2001 男はつらいよ寅次郎ハイビスカスの花
     サイダーハウスルール
     オータムインニューヨーク
     グラディエーター
     グリーンマイル
     さらばわが愛
     鉄道員ぽっぽや
     ミュージックオブハート
     プリンスオブエジプト
     トイストーリー2
     プライベートライアン
     学校IV
     初恋のきた道
2002 ダンサーインザダーク
     モーニング娘ナマタマゴ
     羅生門
     酔いどれ天使
     喜びも悲しみも幾年月
     日本の悲劇
     エリンブロコビッチ
     モーニング娘とっかえっ娘
     花様年華
     ハリーポッターと賢者の石
     タイタンズを忘れない
     ゴジラモスラキングギドラ大怪獣総攻撃
     とっとこハム太郎
     山の郵便配達
     JSA
     ゴーイングWEST西へ
     宮廷料理人ヴァテール
     クイーンヴィクトリア至上の恋
     仁義なき戦い
     バトルロワイヤル
     冷静と情熱のあいだ
     植村直己物語
     蝶の舌
2003 ロードオブザリング
     活きる
     アイアムサム
     ギャングオブニューヨーク
     ショコラ
     戦場のピアニスト
     アメリ
     少林サッカー
     アイスエイジ
     モンスターズインク
     雨あがる
     阿弥陀堂だより
     ロードオブザリング二つの塔
     シカゴ
2004 北京バイオリン
     たそがれ清兵衛
     少女の髪どめ
     美しい夏キリシマ
     再見
     フイチンさん
     ファインディングニモ
     僕らはみんな生きている
     壬生義士伝
     ラストサムライ
     解夏
2005 世界の中心で愛を叫ぶ
     コールドマウンテン
     美しい夏キリシマ
     スウィングガールズ
     北の零年
     オペラ座の怪人
     チルソクの夏
     半落ち
     シャルウィダンス
2006 パッチギ
     四月の雪
     ALWAYS三丁目の夕日
     私の頭の中の消しゴム
     ナルニア国物語
     男たちの大和
     アマデウス
2007 博士の愛した数式
     シャルウィダンス
     I am 日本人
     フラガール・・・・・・・・上映100本記念映画
     手紙
     武士の一分
     ドリームガールズ
     佐賀のがばいばあちゃん
2008 しゃべれどもしゃべれども
     夕凪の街桜の国
     エディット・ピアフ愛の讃歌
     長江哀歌
     エリザベス・ゴールデン・エイジ
     明日への遺言
     君の涙ドナウに流れ
2009 北京の恋
     奇跡のシンフォニー
     母べえ
     つぐない
     おくりびと
     山桜
     西の魔女が死んだ
     マンマミーア
     マンデラの名もなき看守
     光州5・18
     実録連合赤軍
     おくりびと(再上映)
     オペラ座の怪人(再上映)
     歓喜の歌
     禅
     さらば、わが愛
2010 劔岳点の記
     シリアの花嫁
     ディアドクター
     愛を読むひと
     風が強く吹いている
     沈まぬ太陽
     オーシャンズ
     おとうと
     幸福の黄色いハンカチ
     花のあと
     春との旅
2011 オーケストラ
     武士の家計簿
     孤高のメス
     桜田門外の変
    西東京市民映画祭2011
     英国王のスピーチ
     最後の忠臣蔵
     トイストーリー2
     美女缶・・・・・・・・・・筧昌也監督来訪
     アブラクサスの祭り・・・・加藤直樹監督来訪
     ふたたび
     オカンの嫁入り
    第10回自主制作映画コンペティション
     ノルウエイの森
     自主製作映画名作集
2012 クレアモントホテル
     シャンハイ
     大鹿村騒動記
     ゲーテの恋
    西東京市民映画祭2012
     サッチャー 鉄の女
     サンザシの樹の下で
     はやぶさ 遥かなる帰還
     デューク・エイセス コンサート
    第11回自主制作映画コンペティション/本選会・表彰会
2013 アーティスト
     天地明察
     希望の国
     最強のふたり
    西東京市民映画祭2013
     レ、ミゼラブル
     運命の子
     筆子その愛〜天使のピアノ
    第12回自主制作映画コンペティション/本選会・表彰会
2014 舟を編む
     東京家族
     はじまりの道
     旅立ちの島唄〜十五の春〜
    西東京市民映画祭2014
     そして父になる
     利休にたずねよ
     リトル・マエストラ
    第13回自主制作映画コンペティション/本選会・表彰会
2014 永遠の0
     超高速!参勤交代




西東京シネマ倶楽部
〒188-0011 東京都西東京市田無町6−4−13(有)オーロラ印刷内
電話 042−452−6323
HP http://www.nishitokyo-cinema.com




・われらの町に名画座を」西東京シネマ倶楽部の歴史
1998年11月、現代表者が若い頃に出会って感動した作品「若者たち」を自分の手で、自分の町で上映したいという長年の思いで上映会当日、客席に向かって「いっしょに名画を上映するクラブを作りましょう」と呼びかけ、それに応じた映画ファンの市民によって結成されたのが保谷シネマクラブである。

・こもれびホール市民名画座(社会性とエンターテイメント性を求めて)
映画館のない町で、地元の観客に映画館同様の感動を伝えたいという思いから、こもれびホールでの上映が続けられている。2009年4月より隣接の小平市でも「こだいら市民名画座」を発足。これにより、奇数月が「こもれびホール市民名画座」として上映回数を増やす。

・運営と会員制度
こもれびホール市民名画座および市民映画祭の運営、広報から当日の設営、受付、会場整理まで、すべては正会員によって行われる。
運営に携わる正会員14名、鑑賞会員250名、当日運営のボランティア会員20名武蔵野大学映画研究部 協賛会員約30名が所属している。

・多くの方に支えられての運営
一市民団体が本格的な映画上映を継続して行うのは無理に近いと考えられるが、西東京市の後援、地元のスポンサー企業、商店の支援、シネマ倶楽部会員(正会員、鑑賞会員)、そして多くの市民が一体となって、こもれびホール市民名画座の継続を可能にしている。

・機関紙「シネマホットライン」の発行
こもれび、こだいら両市民名画座の告知を中心に、近隣の映画情報を発信する タウン紙の性質も加味し毎月第一木曜日に新聞折り込みなどで9万部を配布。

・西東京市民映画祭
西東京市の合併を記念して始まった映画祭で、当初、保谷市の保谷シネマクラブと田無市の谷戸シネマ倶楽部が合同で実行委員会を結成した。著名な映画監督をゲストに招き、トークショーと上映会を行う。また、全国から寄せられた自主制作の短編作品を審査する自主制作映画コンペティションも同時に行う。

・西東京市民映画祭への来訪監督の作品と印象的な言葉・・・・
 佐藤純彌監督・・・・男たちの大和、敦煌、新幹線大爆破
 深作欣二監督・・・・仁義なき戦い、バトルロワイヤル
 小泉尭史監督・・・・雨上がる、明日への遺言
 黒木和男監督・・・・美しい夏キリシマ、父と暮らせば
 滝田洋二郎監督・・・おくりびと、壬生義士伝、僕らはみんな生きている
 若松孝二監督・・・・実録連合赤軍浅間山荘への道程
 山田洋次監督・・・・男はつらいよ、母べい、おとうと
以上の監督さんたちに一貫して通じるものは映画を通して「平和の尊さ」を描きたいとの思いを強く感じた。

・自主制作映画コンペティション
全国から上映時間20分以内の短編作品を公募。寄せられた作品のうち、正会員によって選ばれた入選作が、映画祭当日、こもれびホール大ホールで上映され、最終審査される。
第1回から審査委員長は佐藤純彌監督映画監督
最優秀作品賞、優秀作品賞、優秀作品賞3位、シネマ倶楽部特別賞、観客グランプリ賞に加え、2010年より西東京市長賞、市議会議長賞、商工会会長賞、東町商栄会会長賞の4賞が増設。近年応募作品数は2011年187作、2012年152作に達していて、入賞作品のレベルは全国でもトップレベルで国際映画祭なみのレベルである。

・上記以外の活動
公民館の映画事業など、文化事業団や行政、市民団体の上映会にも共催、協力。市内小中学校PTAなどでの上映会支援。映画製作会社による地元での撮影ロケーションに参加

・協賛企業、商店などのコマーシャルフィルムを製作
協賛企業、商店などのコマーシャルフィルムを製作し、市民名画座、市民映画祭などで本編の前に上映。今までの製作本数は3本で今年度最新作が完成した。

・2009年度日本映画ペンクラブ奨励賞を受賞

・町作り、生涯教育の一環として1日でも長く続けられるためにシネマ倶楽部メンバー一丸となって活動している。


携帯HP
http://data.shop-info.com/i/units/index.cgi?siteid=nishitokyo&areaid=36244&unitid=1950811 042-452-6323  center@nishitokyo-cinema.com