TOPICS

NPO法人ラマーミトゥルの会


スリランカの小規模学校への支援、NPO法人ラマーミトゥルの会


「ラマーミトゥル」とは、シンハラ語で子供の友情という意味です。


★主な活動 ・スリランカとの文化交流 ・スリランカの小規模学校への支援 ・スリランカと日本の交友を深める行事


スリランカは南アジアに位置し、人口2千万人、面積は北海道の四分の三のインド洋に浮かぶ島国です。  
1948年に英国から独立し、当時から教育に力を入れ初等教育の就学率は90%を超え、アジアの中でも高い水準を維持してきました。  
スリランカの初等教育への取り組みは国土全体に及び、地方では小規模校が数多くあります。しかし、3年前まで続いた内戦や世界経済の影響などで、これら小規模校の教育環境が悪化しています。スリランカ国内にある生徒数50人以下の小学校(5学年)約1600校がこのような状況の中で統廃合(廃校)の俎上に乗っています。どこの国も同じですが、小学校はその地域社会の中心的な役割を担っています。そこに経済的支援を行う事で、その学校を維持出来れば教育の場だけでなく、広く地域的な支援・友好に繋がります。一方、日本で暮らすスリランカ人は決して多くはないものの、留学生や民族料理店関係者など東京都に約1100人の在日スリランカ人がいます。そして多くのスリランカ人が地域社会に溶け込み、両国の交流に寄与しています。私たちが日本に暮らすスリランカ人及びスリランカとの友好交流を進め、スリランカ国内の小規模学校支援を行うことで、その支援活動を通じで、スリランカの教育現場やそれぞれの地域の文化との交流を広げることが出来、さらには相互の友好につながります。また、スリランカの政治、経済、文化、教育などを紹介することは他の諸国に対する日本人の視点を国際的な観点に高めることにも繋がります。私たちは日本とスリランカをはじめとするアジアの子供達の将来がより深い友情で結ばれることを目標にこの会で活動をしていきます。(HPより)