TOPICS

原爆の記 作:指田吾一 朗読:山﨑巌

 

「原爆の記」短尺版 作:指田吾一 朗読:山﨑巌 会場:谷戸公民館 

(2014年3月に収録したものを編集。)

この映像は10分間の短縮版であり、作者の主張と作品のテーマを中心として編集しました。
指田吾一氏の平和への強いメッセージを山﨑巌氏の朗読でお聞きください。

 

【指田吾一氏略歴】
熊本県宇土市出身。医学博士。
昭和8年、東京医大卒。
昭和20年、軍医として応召中に広島で原爆被災。
その直後広島で治療に当り、その奮闘体験を「原爆の記」として書き残す。
田無市初代市長。

 

【山﨑巌プロフィール】
NPO日本朗読文化協会「第6回朗読コンクール」にて、優勝&観客特別賞受賞。
国際芸術連盟「第21回朗読オーディション」にて審査員特別賞&奨励賞受賞。
朗読検定2級。
TAMA市民塾で行なった朗読劇講座が好評により、再登壇講座に選出される。
2014年2月23日(日)コール田無にて山﨑巌の語り「イワヲンののどかな一日」を開催。

 

【会場:谷戸公民館 2014年3月にて収録】